2019年度仙台市文化プログラム

AIR KAIKON 2019

HOMEAIR KAIKON 2019についてトークVol.1トークVol.2トークVol.3トークVol.4トークVol.5特別対談

 

特別対談:池澤夏樹 × 港 千尋

 

日 時:2019年11月10日(日)19:00-20:30
会 場:Gallery TURNAROUND(仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階)
参加費:1000円
定 員:20名(要予約、先着順)※定員に達しましたので予約を締め切りました(11月9日, 0時)
主 催:AIR KAIKON実行委員会


 アーティストが向き合う問題意識やカタストロフと表現について、ともに思考を深め経験を蓄えるための実験の場として、連続トークイベント「AIR KAIKON 2019」を開催中です。
 今回の特別対談では、すぐれた著作を多数出版されるお二方をゲストにお招きし、ご自身の体験や経験、リサーチのエピソードをご紹介いただくことで、アーティストの視点や想像性がもたらす可能性について考えます。繰り返しおとずれる災害、あるいは惨禍の時代をいかにして生きのびることができるのか。そのヒントを参加者とともに学ぶ時間となることを願っています。

 

◎予約方法 ※定員に達しましたので予約を締め切りました(11月9日, 0時)
メールタイトルを「特別対談予約」とし、本文に以下を明記して kaikonsendai(at)gmail.com まで送信してください。
*(at)を@に変更して送信してください
1)氏名(ふりがな)
2)参加人数
3)連絡先メールアドレス

 

◎ゲスト略歴
池澤夏樹|いけざわ・なつき
1945年、北海道帯広市生まれ。小説、書評、翻訳など多くの分野で活躍。1987年発表の『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。2011年9月に『春を恨んだりはしない─震災をめぐって考えたこと』を出版。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生み続けている。

港 千尋|みなと・ちひろ
1960年、神奈川県生まれ。写真、現代アート、映像人類学にまたがる広い分野で制作、研究、発表と国際的な活動を続けている。東日本大震災後7年間にわたる撮影と考察をまとめた著書『風景論─変貌する地球と日本の記憶』で2019年度日本写真協会賞を受賞。

 

◎会場アクセス
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分
http://turn-around.jp/

 

◎次回予告
スタジオ開墾を会場に、11月9日(土)~24日(日)の会期で開催となる、どよん展「蒲生― over there」の最終日に、連続トークの第2回目を開催します。詳細はウェブサイトをご覧ください。
http://kaikon-sendai.com/air/talk02.html

 

◎ゲスト関連情報
池澤夏樹さんと港千尋さんが登壇されるシンポジウムが下記日程にて開催されます。あわせてぜひご参加ください(入場無料、事前申込不要)。

世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2019一般公開セッション
「東日本大震災メモリアルシンポジウム~経験をつなぐ、その意味とその姿~」
日時:2019年11月10日(日)11:00-12:30
会場:仙台国際センター 会議棟2階 大ホール
※ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください
※詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://sendai-resilience.jp/mirai-forum_n/event04.html

 

◎お問い合わせ
AIR KAIKON実行委員会
080-5644-0066(長内)

▲TOP

 


スタジオ開墾 HOMEアクセスお問い合わせ

 

AIR KAIKON 2019(2019年度仙台市文化プログラム)
★最新情報はSNSをチェックしてください FacebookInstagramTwitterYouTube

Copyright © 2019 スタジオ開墾|KAIKON ART STUDIO, SENDAI [KASS]