スタジオ開墾 LOGO

 

スタジオ開墾|KAIKON ART STUDIO, SENDAI [KASS]

HOMEスタジオ開墾について施設設備と料金イベント情報アクセスお問い合わせ

 

スタジオ開墾とは?

2019年1月、仙台市若林区卸町にオープンしたアーティストやクリエイター、ものづくり作家のためのレンタル・シェアスタジオです。
展示やイベント、ワークショップにもご利用いただけます。

 

設立趣旨

未開の土壌を肥沃な大地へ。
そんな勇気ある開拓人が集う場所、
それが、「スタジオ開墾」です。

「スタジオ開墾」のある卸町は、その名の通り、国内最大規模を誇る流通団地で、1965年、仙台平野に広がる田畑を整備し生まれました。東北の高度経済成長を支えてきたこの町で、かつては紙問屋の倉庫として使われていた遊休倉庫を活用し、地域に新たな息吹と活力を与える文化の開拓地となることが、「スタジオ開墾」の目標であり使命です。

英語の「culture」は、「耕す」を意味するラテン語「colere」に由来し、はじめは土地を耕す意味であったのが、英語になり「心を耕すこと」の意味として用いられるようになったといいます(参考:語源由来辞典)。
耕すことは文化をつくること、そして人をつくること。そのことをモットーに、集うみなさんと共に、この場所も絶えず成長してゆく所存です。

一方、少子高齢化社会のいま、地域が抱えるさまざまな課題に着目し、ジャンルの壁を越えて協働する場となることも願っています。たとえば、この地に住まう多くの方々が、東日本大震災という大きな出来事を経験しました。この場所に関わる方々には、そのことを地域の独自性と捉え、絶えず意見交換や検証をしながら、表現や制作の糧としていただけたらと考えています。

旧来のシステムでは立ち行かなくなり、価値観の転換を迫られるいまだからこそ、「スタジオ開墾」は、未知のリスクに恐れながらも挑戦する、そんな勇気ある人々を最大限応援します。活力と持続的な地域社会をつくるには、経済と文化の両軸が必要であり、それらを推し進める人の力こそが必要であると信じて。

2019.09.30 スタジオ開墾

▲TOP

 


HOMEスタジオ開墾について施設設備と料金イベント情報アクセスお問い合わせ

 

スタジオ開墾(運営:協同組合仙台卸商センター)
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-15-6
TEL:022−352−5135(受付時間10:00-19:30、月曜定休)
★最新情報はSNSをチェックしてください FacebookInstagramTwitterYouTube

Copyright © 2019 スタジオ開墾|KAIKON ART STUDIO, SENDAI [KASS]